So-net無料ブログ作成

Minolta X-7 レストア編 【其の弐】 [カメラ・写真]

【其の壱】 からの続きです。

古い一眼レフのトラブルとしてよくあるのが、劣化したモルトによるプリズムの腐食です。
X-7も多くの固体が、このプリズムの腐食の為にジャンクとして扱われてしまう悲劇に見舞われています。

RIMG1316.jpg

↑X-7から取り出したプリズム。 劣化したモルトがベッタリと。

RIMG1318.jpg

↑のぞくと蒸着面には腐食にやられた痕が帯のように。
これではピントを合わせるのは厳しいですし、なによりもファインダーを覗いた途端にガッカリしてしまいます、

RIMG1320.jpg

↑こちらが元凶の劣化したモルト。メーカー側としても、まさかモルトがこんな悪さをするとは思ってはいなかったでしょう……。

RIMG1399.jpg

↑とりあえず、新しいモルトに貼り替えます。

さて、腐食してしまったプリズムですが、レストアの情報を公開してくださる先人方の情報ではスパッタリングミラーを貼り付ける等、いろいろな方法で機能回復が図られています。
中には銀鏡反応を使う猛者もいらっしゃいますが、私にはそんな危険なことは出来ません。

そこで人柱も兼ねてホームセンターでたまたま見かけた 「アクリサンデー ミラー調スプレー」を試してみました。
※結構なお値段ですが……。

ミラー調スプレーMS80 80mL【造形素材・図工・生活 アクリル素材・塩ビ素材】B09-3400

ミラー調スプレーMS80 80mL【造形素材・図工・生活 アクリル素材・塩ビ素材】B09-3400

  • 出版社/メーカー: 学校教材の専門店 美工社
  • メディア: おもちゃ&ホビー




腐食したメッキ部分を綺麗にした後、ミラー調スプレーで塗装して最終的には黒い塗料を上塗りしました。

RIMG1439.jpg

↑結果はこんな感じです。
暗い帯が目立ちますね。(´ヘ`;)ウーム…
でも、明るいところでは意外と目立ちません。
今後の経過は不明ですので、様子を見ていきたいと思います。

※本ブログの趣旨は、カメラの安易な分解を推奨するものではありません。
 ブログ主のような素人がカメラのレストアを行うにあたっては、高いリスクを伴います。
 大切なカメラの修理・点検は、プロにご依頼されることをお奨めいたします。
nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 1

udo20

すけぞうさん こんにちは
minolta XDのレストア記事、とても参考になりました。自分でもトライしてみて、結果は上々です。自分のブログ内で、お名前をあげさせていただきました。お礼かたがた報告させていただきます。
by udo20 (2015-12-30 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。